爪の痛みが気になる方は、京都のネイルサロンデイジーへ

2019/02/01 ブログ
自爪育成

気になる爪の傷み!nail salon Daisyで改善できます!!

*

こんばんは。

京都の桂駅前にあるネイルサロンデイジーのmahoです(^^)

最近お腹がすぐ減ってしまいます。

彼氏と同じ量をいつも食べるのですが、だいたい私の方が先にお腹が減ります。

ほぼ動いてないのに減ります。

そしておやつとかいろいろ食べます。

結果、すこしずつ成長していってます…T_T

でも食べるのをやめられないダメなやつです。

痩せれなくてもいいので、私でも続けられるような食欲を抑える方法があれば教えてください<(_ _)>

*

さて、そろそろ本題へ。

当店に初めて来られるお客様の半数以上の方が、爪の傷みが酷い状態です。

ジェルネイルの付け替えを繰り返したことにより、毎回爪の表面削られ、アセトンを使用し、爪が薄くペラペラになっています。

薄くなってしまったことで、ジェルネイルをして自爪を保護していないと日常生活に支障が出る方も…

爪の痛みが酷くなり、一旦ジェルネイルを休止される方も多いです。

ただ自爪に戻しても生え変わるまで薄い爪が修復されることはないので、

・爪がスグ折れる

・お風呂上がりなどは特に爪が柔らかくなりふにゃっと曲がる

・冷たい水やお湯などがしみる

などなどが起こることが多くあります。

さらに完全に健康な爪に戻そうと思っても、全体が生え変わるのには6ヶ月程はかかります。

*

じゃぁ【ジェルネイル=爪が傷む】ということなの?というと、それは違います!!

『爪を傷めないネイル』は可能なんです!

当店では

【爪を傷めずネイルを楽しんでもらう事】

に重きを置いてます。

*

その方法はとってもシンプル(^^)

1.自爪を削らない!

2.オフにアセトンを使わない!

「でも、どうやって?」と思われる方にご説明。

*

1.自爪を削らない

これは1番初めに爪に塗るベースジェルに、パラジェルを使用します。

パラジェルは今とても人気が高まっているジェルメーカーです。

多くのメーカーのベースジェルは自爪を削り、そこで出来た凹凸にジェルが引っかかり密着するというものです。

パラジェルは表面がツルッとした状態でも、爪とジェルの間を真空状態にして密着するという画期的なものです。

なので、自爪を削るジェルに比べて取れやすいという事もありません!

むしろ、密着が他よりも良いくらいです♬

*

2.オフにアセトンを使わない!

これは当店が【ハードジェル】をメインに使用しているから。

通常は【ソフトジェル】と言われる、オフをする際にアセトンという薬品でジェルを溶かすものが多く使われます。

でもこのアセトンは強い薬品なので爪にも肌にも良くありません…

そこで【ハードジェル】の出番!

ハードジェルはオフをする際に、薬品に溶けない性質なので薬品を使いません。

ジェルだけをマシンで削り落とします。

しかも当店は【フィルイン】という技術で付け替えを行うので、ジェルネイルを続ける方にとって一番強度が高く爪が痛まないのです。

※【フィルイン】とは…

付け替えの際にマシンでアートやカラーなどは削り落とし、ベースジェルを1層残した状態にします。その上にまたベースジェルを重ねるようにして、継ぎ足しながら新しいネイルを施す技術。

*

いま爪が傷んだ状態の方も、ネイルをお休みしなくてもnail salon Daisyであれば、爪の健康を取り戻せます!

爪の痛みから解放されたい方は

京都のネイルサロンデイジーへぜひお越しください♡